2010年06月01日

即興でしか得られない強烈な何か(1)

(2010/4/17の「飯田雅春+田仲ハル」に向けて書いたが未公開)

飯田雅春+田仲ハル というユニット
ここ2年ほど活動している「呼吸のゆくえ」というデュオのネクストステップだ。
もともとは「コントラバスと身体」による「即興」ユニットとしてはじめたデュオ。
まあその、なんというかこの「即興」というのがなかなか一筋縄ではいかない概念でして、単なる手法であるともいえるし、そうでないとも言える。
いや、世の中には「手法としての即興」もあれば「手法を超えた表現のありかたとしての即興」もある。両方ともある。という方がいいかな?
一定のルール(リズム・和声・構造)に則りながら演奏者が「自由に」音を選択する、というのが一般的な即興のとらえ方だろうか。
その概念をどこまで拡張するか(しないか)、によって、その人それぞれの即興観が作られる。
それによって何が異なるかというと、いろいろな違いが生じるのだけれど、一つおおきな違いは、「良し悪しの基準」だ。
例えばビバップの即興演奏の良し悪しの一つの尺度に「和声(コード進行)に基づいたフレージングを、速さを伴って、多様に(同じ事をやらないで)生成できるかどうか」がある。
(われながら理屈っぽい、笑)
もちろんそれだけで良い演奏悪い演奏という訳ではないし、さらにいうと音楽の「良い、悪い 」なんてあるのかどうか?という話は別として・・。

簡単に言うとビバップ即興演奏の修練をストイックに追求するセッションの場で、ブルースとかリズムチェンジ(循環コード)を演奏していてソロが回ってきた時に、チューニングのずれたギターでフィードバック音だけで「ギュオーン、ヒイイイイイイーーン」とかやったとすると(やってみたい笑)ほぼ間違いなくドン引きされる(または最初の1回に限って大喜びされる)。

逆にノイズや響きに主眼をおいた(ジャズのような「フレーズ」は避けられることの方が多い)即興ライブで、おもむろに指を4本立てて「酒バラ、エフで。ワン・ツー・1,2,3,4」なんてやったら(やってみたい、以下同様)

つまり、同じ即興演奏でも、あるところで良しとされる演奏が、別のところでは良くない。ということが起こる。
即興観によって良し悪しの基準が異なる。ということ。

肉まんだと思って食べたらあんまんだった時の失望を思い出そう。

加えて「即興演奏」を「即興行為」という方向に拡張すれば、ダンスなどの身体表現・絵画やアート・文学・お笑いや建築や料理、もしかすると政治とか経営 などをその概念に取り込むことが出来る。
即興詩人のように、即興そば打ち名人とか即興知事とか・・・

おっとこれは脳科学で有名なM木K一郎先生のように「人生って即興だよねー?」まで行ってしまうおそれもある。
それはそれで全然間違いではないのですが「そもそもクオリア本当ですか?」と突っ込みたくなるのです。あ、マズイ。話が変な方向に・・・

呼吸のゆくえで指向していたのはどちらかというと「手法を超えた表現のありかたとしての即興」の方。
僕個人的にも、演奏・表現において「即興でしか得られない何か」「即興でしか到達しえない場所」がある(しかも強烈に、ある)ので、即興は重要なトピックです。

これは大事なことなので繰り返します
「即興でしか得られない強烈な何か」があります。
「即興でしか得られない強烈な何か」があります。
それはもしかすると物理学と関係があるかもしれない。

つづく・・・

by iidamasaharu | コメント (0)

2005年05月08日

音色・メッセージ

「音と文明 ~音の環境学ことはじめ / 大橋 力 著」を読んでうれしい衝撃を受けた。
映画「AKIRA」で音楽を担当した「芸能山城組」の主宰者・山城祥二氏とこの著者が同一人物であることにも、不思議な納得を覚える。
「遺伝子に約束された音」「言語・音楽と脳」といった興味深いキーワードを切り口に、尺八と西洋楽器、ガムランと西洋のオーケストラ、森と里と街、などの周波数分布比較を例にあげながら、音と生命の関わりを浮き彫りにする。

~きこえない音~

人間が聴き取ることのできる周波数の上限は20kHz程度という「常識」が現在のCD、mp3などの音に関わる商品フォーマットの前提になっている。
しかし、尺八・ガムラン・森の音環境の周波数分布はそれをはるかに超える100khzまでの帯域を豊かに、ゆらぎをともなって含んでいるという。
しかもその違いが私たちに影響を与えているらしい。
同じ音楽素材をつかって「CDクオリティーの音源」と「100kHzまでの倍音を含んだ音源」を比較すると、その違いを聴き取ることはできない場合も多い。
しかしその場合でも、脳波に生じる変化(!)を実験でとらえることに成功している。

きこえてなくても、きこえている。

音は食べ物や飲み物と同じように「いのち」に関わる事だ。
そんなことを科学的にも証明してくれたような感じでうれしくなった。

~音楽とメッセージ~

本著にこんな記述がある。
「環境から私たちに到来するメッセージの中には、ある種の栄養素や毒物がそうであるように、感覚ではとらえきれないのに生命に決定的な作用を及ぼすものがある」
メッセージというとつい言語化されたものを連想しがちだが、「気配」や「雰囲気」もメッセージだと考えることができるし、人間はそういうメッセージを「察知」する能力を持っているわけだ。
(本著ではさらに「文明がこれまで無視し、あるいは忘却してきた知覚圏外のメッセージの存在と効果」を明白にしながら、「遺伝子に約束された環境のデザイン」にまで論が及ぶ。)

音楽の場合のメッセージでも同様に、まずは「うた」が連想される。
それは力強く、認知という意味で伝わりやすい。
リズム、メロディー(フレーズ)、グルーヴ、ハーモニー、ストラクチュア、テンポ、ダイナミクスなども(聴き取ることができる)メッセージといえるだろう。

さらに、「音色=メッセージ」ととらえることもできる。
音色に含まれる倍音。
通常音色として認知される倍音は、聴き取ることができる範囲(20kHz)内であろうが、認知されなくても生命に直接影響を与える高周波倍音の存在を考えると、「音色はより根源的で強力なメッセージ」といえないだろうか?

音色というのは楽器本体からでる倍音だけではない。
奏者の身体の共鳴、呼吸、演奏会場の響きなどが絡み合って生み出されるものだ。

その意味でも「うた」はやはり強力にメッセージを伝える。
優れた歌手の声が豊かな倍音構造をともなっていることが多いのは有名な話だが、声という音色の持つメッセージとうたわれる「ことば」のメッセージにより、深さと伝わりやすさ両方を兼ね備え、メッセージは増幅される。

ことばをともなわない器楽の場合、そのメッセージの伝わりやすさ・わかりやすさは、前述の聴き取れる範囲の要素(リズム、メロディーなど)に影響を受ける。
しかしメッセージ(=音色)の深さ・重要性においては、オーケストラであろうと、ベースソロであろうと、口琴ソロであろうと変わりはない。

「ベースソロだから…」という言い訳はできないな。と思う。

by iidamasaharu | コメント (4)

2004年11月01日

画像テスト

by iidamasaharu | コメント (0)