2018年03月29日

はじめての全身麻酔&手術

先週、生まれて初めての全身麻酔手術と入院を体験してきました。
とはいっても、急病や事故ではなく、計画的な持病の治療ですのでご心配なく〜
経緯は下記の通りです。
----------
北海道にいるころから、時折重い頭痛がおこるようになった。疲れとかストレスとかが原因だろうししょうがないと思っていた。

10年くらい前のある日、何日も続く頭痛があんまりひどいのでもうこれは脳が大変なことになっているに違いないと脳外科に駆け込んだ。
MRIで検査の結果「脳はとってもきれいです。副鼻腔炎ですね。耳鼻科に行ってください」だと。なんだか力が抜けた。
昔は蓄のう症といってた病気と同じだろうか。副鼻腔に鼻水がたまってその影響で頭痛がおこっているらしい。
で、耳鼻科に行って、たまった膿を排出する飲み薬での治療。頭痛は痛み止めで抑える。
2,3ヶ月の投薬治療で、ほぼ症状は改善する。
しかし、子供の頃から鼻の奥の軟骨が曲がっていると言われていてその影響だろうか。数年経つとまた頭痛。

3年ほど前にも一度投薬治療をして一旦良くなったものの、昨年秋頃にまた軽度の発症。
その際に主治医から手術での根治という選択肢を提示された。

昔は随分と怖い手術だったと聞くが、今は内視鏡を使った手術で傷跡も残らない。
ただ1週間は入院。全身麻酔での手術だからそれなりにダメージとリスクはある。
あと、頭痛の原因が副鼻腔炎だけとは限らないから、手術をしたとしても頭痛は治らないかもしれない。

1ヶ月ほど考えた。丁度大学のジャズ研ベーシスト同期の友人鈴木君が、同じ手術の経験があるということで話を聞いたら、術後、耳の聞こえがよくなった、とのこと(残念ながら頭痛は治らなかったらしい)
医師によると、副鼻腔炎の治療と聴覚は関係ないという。しかし、音楽をやっている友人の実体験は信頼性が高い。頭蓋骨をミュートしているものが無くなることで共鳴しやすくなり、響きのとらえ方が変わることはありえるだろう。
医師も「声が変わることはある」という。

何度もつらい思いをしてきた頭痛がいやなことだけでなく、この話もなんとなく後押しとなって手術を受けることに決めた。偶然にも、通っていた大学病院が副鼻腔炎の手術で定評のある病院だったことも幸い。

3月終わりに1週間スケジュールをまるまる空けた。医師は1週間見ておけば良いと言ったが、念のためライブの本番は手術後10日後以降とした。

----------
という経緯で、先週、はじめての入院〜手術を体験し、今週無事退院しました。
術後経過も順調です。ありがとうございます。

でも、一つ予想外なことが発生しています。
手術直前の診察で医師から「手術で鼻にシリコンはいります。それが取れるのは退院の1週間後。それまで綿球が鼻に詰まった状態です。息は苦しいでしょうね。」と憎いほど爽やかな笑顔で聞かされたのです。

「えー!退院したあとの週末にライブ入れちゃったよ〜」

今週土曜は、鼻に綿球詰めたままでのライブ。。

マスクを被るか(プロレス風)、コスプレ(息の音はちょうど今ダースベイダー)するか、ステージの裏で弾くか、、バンマスの指示次第ですが、とにかくライブは出演します!!

2回目のハブバン。よろしくお願いします。

2018.3.31 sat
HABUBAN @ 本八幡・ cooljojo

羽生一子 ds
鈴木麻美 vo
飯田雅春 elb
福島剛 p

open 14:00, start 15:00 /¥3,000 (+order)
/ 080 2624 0879
272-0021 千葉県市川市八幡2-16-16 クレール本八幡B1F

https://www.facebook.com/events/2050007381929950??ti=ia

by iidamasaharu | コメント (0)

2018年03月13日

新作参加CD「Standards And Me / 新澤健一郎」

StandardsAndMe.jpg
年始にレコーディングした、新澤健一郎さんのトリオのアルバムが4月3日に発売となります。
ドラムにジーン ジャクソンさんを迎えて、トリオでジャズスタンダードに取り組んだ作品。
レコーディングはとても刺激的でクリエイティブな時間でした。

「Standards And Me」
新澤健一郎 (p)
飯田雅春(b)
Gene Jackson(ds)

収録曲:
1.Waltz for Debby
2.Memories Of You (Benny Goodman)
3.Donna Lee
4.Everybody's Song But My Own (Kenny Wheeler)
5.Autumn Leaves
6.Single Petal of a Rose (Duke Ellington)
7.Oleo
8.Orange was the colour of her dress then blue silk
9.In a Sentimental Mood (solo piano)

Amazon内容紹介より
〜新澤健一郎、初のジャズ・スタンダード・アルバム。ベースに飯田雅春、ドラムスにハービー・ハンコック・トリオなどで知られるジーン・ジャクソンを迎え、ジャズとともに歩んだ音楽人生をピアノ・トリオで綴った快心作!

〜新澤健一郎(しんざわ・けんいちろう)
ピアニスト、キーボーディスト、作曲家、編曲家。1968年4月3日東京生まれ。ジャズ・ミュージシャンとして渡辺香津美、本田雅人、森山威男など多くの音楽家と共演。「イチョウ五重奏団」「Nervio(ネルビオ)」のリーダー。ECMに代表されるヨーロッパジャズを得意とする。ポップス、ドラマ音楽なども多く手掛け、NHKピタゴラスイッチ「めかぬか」「きょうのスレスレ」のピアノやNHKドラマ「本棚食堂」の音楽担当、PRISM、田村ゆかり、フュージョン、ブラジル音楽、CM音楽など、幅広い演奏と作品がある。

ご予約・ご購入はこちらの新澤さんのサイト
か、または下記アマゾンのリンクからどうぞ。


by iidamasaharu | コメント (0)

2018年02月25日

無意識を知るための2冊「しらずしらず」「ブレイン プログラミング」

「しらずしらず / レナード ムロディナウ」

サブタイトルに「あなたの9割を支配する無意識」と書かれているように、ぼくたちの人生は無意識の影響を多大に受けている。
心理学の世界でもかつて、ユングやフロイトが無意識について多くの考察を行った。それはとても魅力的で、多方面に影響を与えたが、その手法が内省、行動の観察、夢などを通じたものであったため、漠然とした結果しか得られなかった。簡単に言うと、「科学と言ってよいのか微妙。何でもかんでも父親殺しや性的な願望に結びつけすぎ」(個人の感想です)みたいな。
しかし今日ではfMRIを用いて、脳の各部位の活動を捉えることが出来るようになり、無意識のしくみが科学的に明らかになってきた。
「脱フロイト化する心理学」「記憶は無数のでっち上げで出来ている」「作り笑いは無意識には通用しない」「幸せなふりで幸せになる」など、多くの興味深いトピックがたくさん。

「ブレイン・プログラミング / アラン・ピーズ & バーバラ・ピーズ」
前書が無意識のしくみについての本だったのに対し、こちらはその無意識をどのようにしてコントロールして、夢を実現するかについての本。著者は「話を聞かない男、地図が読めない女」の夫妻。
脳には、意識と無意識をフィルタリングする、RAS(網様体賦活系)という仕組みがあるらしい。
脳が処理する情報量は毎秒4億ビット。そのうち意識的に処理される情報は2000ビットに過ぎないという。99.9999%はぼくたちが知らないうちに脳が処理してくれているというわけ(脳に感謝しなければならない)。
そしてその無意識レベルの脳の力はとても大きい。大雑把にいえば、人は無意識下で望んでいるものを見ていて、その繰り返しにより、それらは現実化する。
この無意識レベルのコントロール対象に、自分が実現したいことをプログラミングして、インストールすれば夢が叶う。そのために、自分の望みと目標をはっきりさせて、計画を立てて小さく切り分けて、紙に書き出し、恐怖や不安を克服し、などなど、具体的な方法が書かれている。
最初と最後にはナポレオン・ヒルのこの言葉が引用されている。
「頭の中で考えたことを、心から信じられるなら、人はそれがどんな事でも達成できる。」

実現したい「何か」がある方に、おすすめの2冊です。

by iidamasaharu | コメント (0)

2018年02月06日

「歌うネアンデルタール・スティーブン ミズン」

「歌うネアンデルタール ―音楽と言語から見るヒトの進化/スティーブン ミズン」

近年、「コトバがどのようにしてウタになるのか?」とか「コトバとオトとウタの関係」というようなことが気になっている。
すると必然的に、言語の起源、音楽の起源、聴覚と人類の進化、というテーマに行き当たる。

音楽の起源に関して、これまでの主要な説では、音楽は言語の副産物つまりコトバのおまけのような位置づけとされる事が多かった。
そしてその目的が性的なものであるという話もよく目にしたが、それらはどうも納得できるものではなかった。

この著者 スティーヴン ミズン 氏は、言語と音楽に共通の先駆体があったという。
コトバでもなくウタでもない、何か音楽のようなコミュニケーション体系をつかって、僕たちの祖先は暮らしていたと。

それを「Hmmmmm」と名付ける。
まるでハミングを思わせるその名称には意味があり
H Holistic 全体的(単語的でない)で
m Multi-modal 多様式的(動物の鳴き声のようにパターン化していない)で
m manipulative 操作的(こっちおいでの動作みたいな)で
m musical 音楽的で(音程やリズムがある)
m mimetic ミメシス的(模倣的)な
そのようなコミュニケーション体系だという。
それを「歌うネアンデルタール」と表現したのがこのタイトル。

考古学、脳科学、言語学など様々な角度から導かれる論は説得力があり、エキサイティングだ。

遙か昔の地球には、まだ言葉を手にしていない僕たちの祖先の歌声が響いていたのだ。

by iidamasaharu | コメント (0)

2018年01月18日

新澤健一郎Trioレコーディング

26233594_10215068499295854_3267337898948324408_o.jpg

新澤健一郎さんのピアノトリオでのレコーディングに参加しました。
ドラムはGene Jacksonさん。
昨年出会い、何度かライブで共演させていただいた新澤さん。
Geneさんとは年末に一度ライブ共演を経たのみでのレコーディング。
このメンバーであればいける、という確信がきっとあったのだと思います。
写真は収録後のもの。
確信が形になったあとの雰囲気を感じていただけるのではないかと思います。
4月にはCD発売される予定ですのでお楽しみに!!

by iidamasaharu | コメント (0)