« 2015年03月 | メイン | 2015年05月 »

2015年04月27日

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

ドラマー アントニオ・サンチェス氏によるドラムスコアがサウンドトラックのほぼ全編を占める映画「バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)」を観た。
(あわせて話題になってる「セッション」も観ようかどうしようかと迷ったがあっちは疲れそうなのでやめた)

サウンドトラックの役割という面で、(単にドラムソロで映画音楽を、と言うだけでない)非常にチャレンジングな映画だと感じたのでその内容を書いておく。

バードマン.jpg
------
「バードマン」
ほぼ全編ドラムでのサウンドトラックという面が注目されやすいが、「音楽が映画の物語に直接影響する」という点も刺激的だった。

1回しか見ていないし、僕の勝手な解釈かもしれないが。

アントニオ・サンチェスさんのドラムサウンド(一部はブライアン・ブレイドさん)が寄り添うのは、映画の中では「現実」。
一方でいかにも映画的なオーケストラ音楽が流れるのは主人公が演じる演劇の場面や空想の「非現実」シーンのみ。

観客に「ドラム=現実」「オーケストラ=非現実」という感覚的なスイッチを丁寧に埋め込む。
その切り替わりは常に明瞭。ただし最後を除いては。
ラストシーンはオーケストラがやや緩やかにフェイドアウトし、ドラムサウンドに切り替わり、映画の中の現実と非現実が溶け合う。

それを利用して観客に物語の解釈を委ねる。
サウンドトラックが物語の解釈に直接干渉している。
解釈は無意識におこなわれる部分もあるので、それは「サウンドトラックが物語に直接影響を与える」ことと同義であろう。

そんな映画はこれまでにあっただろうか。
------------
「インセプション」のサウンドトラックもそういう側面があったけど、あちらはあくまで演出的な立ち位置だったような。
皆さん、どう感じましたか〜?

by iidamasaharu : | コメント (0)

2015年04月21日

2015.4.23『músicas (ムジカス) /廣木光一』リリース記念ライブ@ピットイン

昨年末リリースされた『músicas (ムジカス) /廣木光一』
ブラジルから青木カナさんもかけつけて、レコーディングメンバー全員でのライブがまもなく開催されます!
またとない貴重な機会になると思われます。
是非ご来場ください!

2015.4.23 Thu
『músicas (ムジカス) /廣木光一』リリース記念ライブ
@新宿・Pit-inn
20:00 start / ¥3,000- 1drink

廣木光一(G)
飯田雅春(B)
ヤヒロトモヒロ(Perc)
渋谷毅(P)
青木カナ(Vo)

『músicas (ムジカス) /廣木光一』PV

by iidamasaharu : | コメント (0)

2015年04月18日

高校同級生と吞む

昨晩は高校同級生関東在住組での宴会。
(石川県小松市出身)
小松在住同級生3人が同時に仕事で上京するというのでスケジュール合うメンバーで集まった。
のべ13,4名(家庭の都合で早い時間だけとか、仕事終わって遅く合流とか、入れ替わり制)
入学式で出会って(9クラスあったから話したことない人もいるが)からこの春で30年(!)。
そのくらい経つともう子育ても一段落ついてる人もいれば、若い奥さんと結婚したばかりでもうすぐ子供産まれるという人も。幅広い。
仕事や立場はそれぞればらばらだけどそんなことは関係なく盛り上がって楽しい。
まあ全般的に、女子陣のマシンガントーク炸裂(笑)でほとんど笑いながら聞いてるだけなんだけど。
そういえばNHKの朝ドラで聞ける石川弁が嬉しいとみんな言ってたな。
------------------------
さって本日は、八王子 横山町公園でのイベントで演奏です。
八王子西放射線通りユーロード『花と緑のまちづくりフェア2015』
演奏は14時〜16時くらいまでの間。
高木慎二A.Sax 宮本政志G 飯田雅春B 千光士実Ds
サックスの高木慎二が経営する「カフェロマン」は煮カツサンドで有名な店。
会場は昨年暮れにオープンしたばかりの「カフェロマン 2号店」のすぐ近くです。
煮カツサンド、おすすめですよ〜

by iidamasaharu : | コメント (0)